●陰陽道を知っていますか?


 

陰陽道は太古に発生した中国の民間信仰で、天の動きと人の世の動きには関係があるという思想(天人相関)に立ち、万事に吉凶を天文の変化から予知し、これによってどう対処してゆくかを決めるものです。
陰陽道の核になっているのは、中国の戦国時代に発展した、万物に陰陽の二元的原理を立てる「陰陽説」と、五行という五つの概念を組み合わせることにより、すべての存在や現象を解釈することによりその意味を考える「五行説」を組み合わせて作られた「陰陽五行説」です。
陰陽師(陰陽道の担い手)はそれらの考え方に基づき、天体を観測し、暦をつくり、時をはかり、各種の器具を考案して占いをします。

●「陰陽説」
互いに相反する性質を持った二種類の「気」がお互いに作用し合うことで森羅万象の様々な物事が作り出されるという説です。二種類の「気」を表す言葉を『陰』と『陽』といいます。動的−積極的である事物を「陽」、静的−消極的である事物を「陰」として分類します。
例えば「火・夏−昼・男性」などは『陽』、「水・冬・夜・女性」などは『陰』になります。ただし、すべては陰陽の両相を含んでおり、同じものが状況によって陰から陽へ、陽から陰へと転じることもあります。季節が夏から冬へと変わっていくのは、その好い例でしょう。

●「五行説」
「気」を“木・火・土・金・水”の五つに分類し、その五つの気の働きによって万物が生じると考える説のことです。
この説ではまず“土”は中間的な性質とされています。
空間や時間で例えると、「東・春・朝は木」「南・夏・昼は火」「西・秋・夕方は金」「北・冬・夜は水」へと配当されます。
色で例えると、「青が木」「赤が火」「白が金」「黒が水」「黄が土」に配当されます。
また、五行説では五気の循環によって物事は変化するとされていますが、循環の順序については「相克説」と「相性説」の二種類があります。
「相克説」では木は土に、土は水に、水は火に、火は金に、金は木に勝つものとして“木土火水金”とする。
「相生説」では、木は火を、火は土を、土は金を、金は水を、水は木を生むものとして“木火土金水”としています。

「陰陽説」と「五行説」は漢の時代に合流して、五行の木火は陽に、金水は陰に、土はその中間に配当されました。
陰陽五行はあらゆる学問に応用されていますが、中国の古代文化を形成する上で、特に天文学や暦学においては陰陽五行の影響ははかりしれないものです。また五行は天に由来する五つの徳、仁・礼・信・義・智に対応しており、この「五徳」あるいは「五常」と呼ばれる徳が王朝を支えると考えられました。

 
 
●「安倍晴明」と「天社土御門神道本庁」について

  天下無双の大陰陽師として歴史にその名を残した「安倍晴明」。

その安倍晴明の子孫である土御門泰福が自家の陰陽道と山崎闇斎の垂加流神道を修めて、それを根幹にして自家陰陽道と合せて構成しなおしたのが、「土御門神道」と呼ぶものなのです。

現在は福井県にある「天社土御門神道本庁」が継承し、守っています。
 
 
●当教会の陰陽道について!

 

神道、仏教、道教、儒教などのすべてに深く浸透し、陰に陽に影響し続けてきた陰陽道。
当教会の陰陽道は、「天社土御門神道本庁」より正式に伝授されたものです。

中心には冥界府の神・生命を司る神として知られる、「泰山府君」という陰陽道の主神の神様がお座りになっています。「泰山府君」は、古代中国においては皇帝たちが祀り、日本でも天皇家が代々祀るほど神格の高い神であり、「赤山明神」または「閻魔大王」としてもその名を知られます。

陰陽道は、陰陽五行にもとづいて森羅万象のあらゆる現象の背後にある世界の原理・法 則と意味・働きを理解し、吉凶禍福を判断することにより未来を占い、指針を得ることを基本としています。

当教会では方法だけではなく、さらにシャーマンの力で神様と人との間を取り次ぎ、神意を伺い、最適な方法で祈祷・儀式を行っています。